掲載

僕が退職までの10年、お世話になった企業年金基金の機関誌にエッセイが載りました。
昨日、送られてきました。
いつも応募者が少なくて、気の毒に思って出すと翌日「掲載します」と、電話がきます。
ですから、あまり出しませんので1年ぶりです。

DSC_06171.jpg



「コートの怪物」
               

「ギューン!」
レモンイエローのテニスボールが、うなりを上げてフラットに飛んでくる。
そのご老人の打球に驚いた。
四十代から運動不足解消のために始めたテニススクール通いだ。
六十五歳で会社を辞め、週に二回に増やした。その代わりにレベルを一ランク落とした。
今までのクラスでは、取れると思っても取れないことがある。サーブのキレもなくなった。
まあ、仕方ないなと、それなりに楽しむだけでいいと思った。
だが私より年上の男性と女性が数人の、初めてのこのクラスに参加して驚いた。このレベルとは思えないパワフルなショットを打つご老人に「おいくつですか?」と聞いてみた。
「八十歳や」息を飲んだ。
私より十歳も上だ。
スタスタと歩けるだけでも喜べる歳だと思うが、この方はコートを駆け回っている。
妻が逝ってしまった私は、平日の午後ここへ来て、アラサーやアラフォーの女性たちとワイワイ喋りながら打つのが楽しみだ。
今更上達もあるまい、と開き直っていた。

「七十歳から始めたんよ。最初はボール遊びだけやったけど、そこから頑張った」
近くのツレらしい女性が話を取り「毎朝四時起きで、二時間もバーベル上げてるんですよ」でもう一度驚いた。
「それに昼間は走ってる」と誇らしげなご本人。
歩いてるんじゃなく走ってるんだ。そういえば、引き締まった体躯で眼力が強い。
「テニスのために筋トレやランニングを?」「そう。はまってしもたんや」とニヤリ。
私は、自分が年々下手になっていく一番の原因を加齢だと言っていた。
目はかすみ、判断も鈍り、足がもつれる。だが三十年も続けていると、上手く見えるフリもできるし、すぐに手を抜く。
真剣にテニスに向き合う覚悟や根性はとっくにない。
だが今日は初対面の八十歳のご老人のショットに度肝を抜かれた。まさに怪物だ。
これで私が下手なのも、パワー不足も、このクラブではもう年齢のせいにはできない。
終了後、怪物は「ワシは技術があかん。あんたはんみたいに上手くなりたい」と言いながら「さあ、行くで!」と、さっきの女性を呼んだ。
「どこへ?」「練習や。俺らには時間がないんや!」
あっけにとられた。

けだし名言である。その意欲と行動力があるかぎり、時間は無限に生まれるだろう
年齢とは単に産まれてからの年数である。
意志の力はそれで測れるものではない。
若い人でも錆びついた人もいれば、この怪物のような強い意志を持つ、輝く高齢者もいる。
これで私も、ここでは加齢のせいだと言い訳もできなくなった。

よし、私はバーベルの代わりに、二人の孫をもっと抱いて腕力を鍛えあげようと決めた日になった。




反省;「もう年齢のせいにはできない。」と、「ここでは加齢のせいだと言い訳もできなくなった」」が、かぶっています。お恥ずかしい文章です。
追伸;僕の文章は「だから」「そして」「しかし」などの接続詞を意識的に嫌います。

スポンサーサイト



<< あけましておめでとうございます。 | ホーム | 妻の分まで >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム